ランク別風俗紹介

>

他の人はどの程度利用している?

風俗店のランクの種類

今回は風俗店を激安店、大衆店、高級店の三つに分けてみました。
もちろんですが、料金が上がるほど女の子の質は上がります。
それはなぜかというと、お客さんから高い料金をいただけばいただくほど新人の教育費にお金をかけられるからです。
そのように十分に手間をかけて育てられた女の子の質はやはり違います。
また、採用基準を厳しくすることができるため、図らずともとかわいい子が多くなります。 
必ずしも激安店や大衆店との差額分が全て教育費に充てられているわけではありませんが
しかし全部が全部高いから良い、安いから悪いというわけではありません。
高級店でなくても十分なサービスが受けられることは大いにありますし、逆に高級店でないからこそ良かったことも多いのです。

価格の違い

今回の定義としては、激安店の平均使用金額は60分で8000円から10000円としています。
大衆店は60分あたり13000円から16000円で運営されており、激安店と比べると5000円近く高く料金設定されております。
風俗店の全体の7,8割はこの部類に属します。
高級店は60分あたり、20000円から25000円のお店を指します。
高級店にはさらにその上であるハイクラスゾーンが存在し、その相場は60分あたり30000円から40000円することもあるので気をつけましょう。
この後、それぞれのお店の特徴をざっくりとではありますが説明しましたので、そちらも参考に自分に合ったお店を利用していくことをお勧めします。



TOPへ戻る